景山本講師<景山 剛克>です。

今日も引き続きEUR/JPYを取り上げます。

昨日(4月3日)金曜日の部分どうでしょう??

見事に取れるポイントがありましたね。

いや、無いです全く。

 

↑は1時間足のみのチャートですが、

これで私の解説即ちダウ理論が正確にチャートに表れていたことが証明できました。

利食い期を終えるという事は、一旦ここでトレンドが終了した事を意味します。

その後(利食い期後)はどうなるのかというとご覧の通り超レンジに移行します。

全く方向性がありません。ではこのレンジをどう捉えれば良いのか??


転換もしくは継続のトレンド形成の為パワーを充電している


ということになるという認識を持って下さい。

ですので今この通貨は【監視】だけにしておくのが正解です。

今トレードするとスキャルパー以外全滅します。

実はこのチャートには三角持ち合いも発生していますが技術面は割愛します。

このようにダウ理論を理解すれば相場全体の流れが手に取るように分かるようになります。


事実、私は理解しているのでブログで自信満々に言い切っているのです


そしてまた次のトレンドが発生したらトレンドフォローをして取っていくだけ。

その繰り返しです。

この簡単な流れを難しくしているのは各個人の脳です。

相場はもっと単純だという事を認識しておいて下さい。

 

それでは!!