FXトレードスクール
FXトレードスクール
FXトレードスクール

最新FXお宝トレードブログ

激動の一週間

景山本講師<景山 剛克>です。

EU離脱問題でポンド・ユーロ共に大荒れの一週間でした。



上がGBP系

下がEUR系

1時間チャートでまとめたものです。

朝一から保守党勝利でポンドが約400Pips上がりました。

このチャートを見て何でこんなに上がったんだろうと思った方が居たとしたなら今後は少しニュースを見る事から始めて下さい……

ここまで上がってしまってはピボットなどインジケーターは全く機能していません。

壊れた状態なのでこの中でトレードするには日ごろのスキルが活かされる(試される)局面になります。

出来上がったチャートだけ見るとこんなに上がったんだからそりゃ下がるだろうと思った方がいるかもしれません。

では、その人はこの下がる波を見事に捉えたのでしょうか?

もし机上の空論状態ならばこういった局面でも対処できるスキルを体得してからでないと、ここまで色濃くファンダメンタル要素が強い相場に出くわした時に何もできずに見守る事しかできなくなります。

少しでも入る場所を間違えるとこの大きな流れの中なら損切り20Pipsなど、10分足らずで終わってしまいます。

100万通貨なら10分で20万円失うという事。

ですのでボラティリティを見た時に正に

蛇に睨まれたカエル状態になります。

こういう局面でも一定で顔を出すテクニカルを見事にキャッチできるようになりたいものですね。

今回は少しファンダメンタル(大衆心理)のお話をしましょう。

ここまで上がったから下がる、ではなくなぜここまで上がったのに下がったのだろうという考え方が出来る人は大衆心理を見ようとしている方だと思います。

まず、この上げは保守党が勝利したからと考えましょう。

1歩前進したので前向きの買いが一気に集中しました。

しかし、

・単独過半数の議席獲得にならずもしかしたらねじれるかもしれない。

・EU離脱がイギリスにとって本当に明るい未来と言えるのか?

この問題があると思いませんか?

もしこの2つがクリアされてたとすればもう一段買いが入り再度上昇していた可能性が高いです。

しかし先行き不安から売りが優勢になり画像のようなチャートが出来上がるのです。

これも見事に大衆心理が現れていますね。

ですので

・当てずっぽうでここまで上がったから売りでと単純な思考でエントリーする人は今後も勝ち続けていくことは難しいでしょう。

・インジケーターが壊れた状態でも自信をもってトレードできる自信があり尚且つこの相場でも見極め利益を出せた方は今後も飛躍するでしょう。

この両者、似て非なるもの

 

という事はお分かりいただけましたか?

話すと延々に長くなるので今回はこのくらいにしておきましょうか。

こういう分かりやすいファンダメンタルを味方に付ければ更なる利益を獲得できますので日々精進していきましょう!!

 

 

 

それでは!!

 

 
ブログ配信

お名前とメールアドレスだけで、無料ですぐ登録可能。ブログ公開時にメールで有益なブログ情報をお知らせします

ブログ配信

お名前とメールアドレスだけで、無料ですぐ登録可能。ブログ公開時にメールで有益なブログ情報をお知らせします

本講師プロフィール

KAGEYAMA Gran x Dow Method 運営事務局
カゲヤマ グランダウ メソッド
大阪市浪速区大国1-10-21 3F

電話受付:9:00~18:00(土日祝除く)
TEL:06-7507-2019
(電話番号をクリックで発信出来ます)
MENU
CLOSE